FC2ブログ
ホーム » 病害虫について » ハモグリバエは幼虫が葉の内部をトンネル状に食い荒らす
« スポンサードリンク »

ハモグリバエは幼虫が葉の内部をトンネル状に食い荒らす

■ 野菜の病害虫について

ハモグリバエ


ハモグリバエ

幼虫が葉の内部をはいまわってトンネル状に食い荒らし

迷路のような白い筋の食害痕を残します

別名「絵描き虫」とも呼ばれ、食害痕の先端に幼虫やさなぎが
潜んでいます

発生しやすい野菜は、ピーマン、ナス、ジャガイモ、トマト
エンドウ、エダマメ、メロン、キュウリなどです

見つけ次第、葉を折取り処分する、見つけ次第手でつぶす
それでもダメなら薬剤散布を行う
« スポンサードリンク »
タグ /

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top